一定の期限内に国税を納めない場合

一定の期限内に国税を納めない場合、原則として法定納期限の翌日より納める日までの日数に応じて税が課されると聞きましたが、それはどのような税でしょうか?

それは利息に当たる延滞税で、自動的に課されることとなります。

 ちなみに、延滞税が課されるのは、例えば次のようなときです。
1.期限後申告書又は修正申告書の提出をした場合において、納めるべき税額が存在するとき。
2.更正又は決定の処分を受けた場合において、納めるべき税額が存在するとき。
3.申告等により確定した税額を法定納期限内に完納しないとき。
 上記のいずれのときにも、法定納期限の翌日より納める日までの日数に応じた延滞税を納める必要があります。
 そして、延滞税は、加算税等に対しては課されず、本税のみを対象として課されます。