法定申告期限後、計算間違い等の誤りに気づいたら

確定申告の法定申告期限を過ぎてから、計算間違い等の申告内容の誤りに気づいた場合において、納付する税金が過大であったとき又は還付される税金が過少であったときには、どのようにして訂正すればいいでしょうか?

A.このようなときには、更正の請求と呼ばれる手続きが可能であることがあります。更正の請求書を税務署長に提出することで、この手続きを行います。更正の請求書を提出すると、税務署においてその内容が検討され、税金を納め過ぎている等と認められれば、更正の請求を行った人に対する減額更正の通知がなされ、税金が還付されます。
 更正の請求が可能である期間は、原則として法定申告期限より5年以内となっています。

 ちなみに、更正の請求書は、税務署でも入手することが可能です。また、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」の「更正の請求書・修正申告書作成コーナー」で、画面の案内に沿って金額等を入力すれば、税額等の自動計算がなされ、更正の請求書を作成することができます。そして、作成したデータは、電子申告(e‐Tax)で提出したり、印刷した上で税務署に郵送等により提出したりすることが可能です。